FC2ブログ
何故丸太のまま使わないのか
- 2019/06/28(Fri) -
5月末に製材加工関係の展示会(リグナ・ハノーバー)と建築の欧州視察旅行に参加しました。リグナ・ハノーバーは12年ぶり。
相変わらず、大量生産用の機械や高度加工機械が出展されていましたが、正直、今回はトレンド確認と思っての視察。
リグナ
もう少し「AI」や「IOT」を利用した画期的な物が見られるかと思っていたが、見つけられなかった。

その後は、最近の木材利用のキーワード「マスティンバー」を使った物件の視察。
パネウム
これは、オーストリア、リンツのそばAstenにあるパン工場に隣接する博物館。外観は、アルミニウム鋼板で覆われているが、実はCLT構造。大きなブロックを削り出して造った建物。600㎥の集成材のうち200㎥を削り取ったらしい。

続いては、ウイーン郊外の開発地区にあるビル。これもCLTと集成材の建物。
ホホ

次は、スイスに移動して、木材の利用と環境性能を追求した建物。
IZM

これは、チューリッヒ市内にある新聞社の建物で、日本の坂茂氏の設計。複雑な加工を施した集成材を使用している。
何故、日本の設計者なのか?設計は場所を選ばない。自由。うらやましい。
タメディア

最後は、同じくチューリッヒの動物園にある象舎。湾曲CLTをデザインしたもの。
ZOO

今回、非常に勉強になったと同時に考えさせられた。

こんなに贅沢に木材を使う。日本で出来るのか?
今回訪問したドイツ、オーストリア、スイスは、木材産業の盛んな国で、国内では使いきれず輸出している。
それに比べて日本は木材の6割以上を輸入している。
人口が多いこともあり、国内の木材生産では供給が間に合わない。
木材全体の伐採も増えて利用も進んでいるが、製材用の原木は絶対的に足りない。
そんな状況なのに、先々人口現状に伴い住宅着工が減って、木材の利用も減ることから、その代替需要を模索中である。
その最先端が「CLT」。都市部でマスティンバーを使った建物も増えて来ている。

でも、どんなに頑張っても国内の資源だけでは間に合わない。
逆に、国内で出材される木材は大事に使わなければならない。...のではないか?
考えてみると、集成材を作るなら、丸太のまま使った方が強度もあるし、何よりコスト、環境負荷が少なくて済む。

何故製材するのか?
日本は貴重な木材資源を大事に使って来た。製材を組み合わせることで、少ない木材で強度のある建物を作って来たのではないか?
木が足りない日本が、CLTやマスティンバーのような使い方をして良いのか?

更に今年から環境贈与税が導入され、森林整備の不足分を補わなければならない。
本来、森林所有者、{山、森林」へ還元をしなければならないのに、供給不足を補う輸入木材との競合で
価格が頭打ち。還元出来ない。
出来ないから環境贈与税???






この記事のURL | 雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
韓国 展示会に出展しました
- 2019/03/11(Mon) -
2019 koreabuild mark
先月の話になりましたが、海外展示会に初出展しました。
2019 koreabuild 63
とは言っても、単独では無く、道産木材販路拡大協議会の一員としての出展で、当社はトドマツ製品のPRを行いました。
hokakido wood
格好良くデザインされたロゴマークを引っ提げ乗り込みましたが、正直、ブースにどれだけの人が立ち寄ってくれるのか、
素通りされるのではないかとハラハラしていましたが、良いスタッフや通訳さんのおかげで、思いのほか沢山の人に見て頂きました。
2019 koreabuild 65
2019 koreabuild 91
価格については、ヒノキよりも高い!???と言われたり、売る気があるの?と厳しい声も聞かれましたが、見た目が良いねとか、軽くて良いね等肯定的な反応も多くあり、将来的な市場として可能性があると感じました。
ブースに立ち寄って頂いた方の中には、当社に来られた事のある人や、会社の方もおられ、驚きと共に親近感が沸き、出来れば
また出展してみようと思いました。
実際の商売は正直厳しく、相当のコストダウンや、海外取引におけるノウハウが必要だと思いますが、国際商品である木材を扱う以上は避けられないことです。

また今回新たに知ったことは、訪日客の中で、韓国人が中国人に次いで多いと言うこと。行きかえりの飛行機は、韓国人がほとんどで、いろいろと政治的な話題が報道されていますが、実態は、韓国、日本両国にとって大事なパートナーであると感じました。
2019 myongdong 71
今回、6日間の滞在でしたが、ほとんど観光する時間はありませんでした。ただ、ソウル中心部の明洞は夜遅くまで賑わっており、
食事などで楽しめました。
新千歳空港からだと九州へ行くのと変わらないフライト時間で、日本語の看板も多く、言葉も通じる。
ハングルも少し覚えたし、また行ってみようと思います。

この記事のURL | 紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2019年 あけましておめでとうございます
- 2019/01/01(Tue) -
2019年も穏やかなにあけました。
本年も皆さまにとって輝かしい年となることを祈念申し上げます。
2019神棚
本年は、当社のみならず、業界が将来にわたって持続的に維持発展するために何をしなけらばならないかを
真剣に考えながら運営していく所存です。
2019獅子
本年は1月5日から生産を開始いたします。
引き続きご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。
2019カレンダー


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道産ディメンションランバー
- 2018/11/27(Tue) -
日本国内においては、人口減少に伴って住宅建築需要も少なるのは間違いなく、
新たな木材利用、マーケットについて研究していかなくてはならない。
ただし、新たな分野、製品、マーケットにおいても海外製品との競合は今後も続く。
ディメンション5
ディメンション2
↑当社試作のトドマツ2×4(L3650mm)、2×6(L3650mm)

既に道内では、ツーバーフォー住宅に使うディメンションランバーを道産材で供給する工場があるが、価格やサイス、安定供給の面で体制が整わず、あまり利用が進んでいない。
原木も含めた安定供給体制が出来れば、マーケットはあると思う。

挑戦せねば。
ディメンション3
この記事のURL | 紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホープ
- 2018/10/23(Tue) -
当社の若手ホープが紹介されています。
滅茶苦茶ポジティブでスカァーっとした好青年です。
いぶりの森担い手
蕪木くん
この記事のURL | 紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ