FC2ブログ
モルダーライン更新
- 2016/11/25(Fri) -
トドマツ羽柄材生産能力アップします。
2016モルダー入れ替え
年度当初から計画していた2次加工設備の更新が終わりました。
新モルダー加工ライン導入で、これまでの生産量に対して、品目により2~3倍の生産が可能となりました。
2016モルダー2
含水率、サイズ精度はもちろんのこと、材面の仕上がりもお客様に満足頂けるものと思います。
2016モルダー4
12月から本格供給予定です。
輸入製品に負けないよう頑張って供給します。!
この記事のURL | 紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トドマツ原木大径化
- 2016/11/25(Fri) -
国内の森林資源が成長し、利用期に入ったと言われている。
確かに当社に入ってくる原木も年々太い物が多くなって来ている。
2016原木4
"太い”って感覚的な表現だが、当社は元々小径木工場としてやって来た。
10年くらい前までは直径12cm~20cmの丸太がほとんどで、平均18cmの丸太を
製材していますと説明していたが、近年は、徐々に直径20cmを越えるものの割合が増え、
最近では、国有林材のシステム販売契約で30cm代も多く入って来るようになっている。

下の写真では、左側の細い丸太と比べると違いが分かると思う。
2016原木3
更に、こんな60cmを越える丸太も。
2016原木2
大きいことは良いことだ。
と、思われるかもしれないが、実は、この"大径化”が問題となっている。
一つは、製材加工技術の問題で、住宅の柱や梁といったものを製材した場合、大きな断面のものを割れや狂いを出さないよう
に、乾燥しなければならない。トドマツには、"水食い”といって所々に水分の高いところがあって、均一に乾燥するには時間も掛かり、コスト的にも難しいので、近年は、一度板状に製材して乾燥したものを貼り合わせる"集成材”が主流になっている。
太い丸太は必要無い...
最近は丸太を桂剥きにして製造する"合板”での利用が出来るが、そのためには、丸太を伐採する段階で長さを変えなければならない。伐ってからでは遅い。
二つ目は、トドマツは、高齢級(50年超)になると腐朽被害が増える。確かに当社に入っている丸太も太い物ほど、中心の部分
に腐れや変色が見られる。
最近、標準伐期齢も50年から40年に変更となっている。
ただ太くすれば良いというものでは無い。
折角沢山あって、白く、加工しやすい良い木なので、適正、無駄なく使って行きたい。
この記事のURL | 紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |